~ワンパク六歳児子育て中~ mombifrost.exblog.jp

元気な6歳男子の子育てしてます


by ママビフロスト
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

バレエ発表会

今年もいとこのお姉ちゃんのバレエの発表会を見に行きました。

かわいい、プクッとした
体型からスラッと伸びた身長。

今年からトウシューズもはいて
踊りもグッと大人な感じになってました。

K太もゴソゴソすることなく
静かに グーグー寝てました(笑)

でも、お姉ちゃんたちの出演シーンは
バッチリ見ることができました。

男の子も結構いたので
K太もやりたくなっちゃったかな~と思ったけど

そういう踊りには興味がないようです(ホッ)


さてその夜のこと・・・

布団に入りながらすでにシクシク泣いていた。
明日、頑張って学校行くね。
登校班で行くように頑張るけど
もし行けなかったら、ごめんね。
がんばるから。
でも、行けなかったらどうしよう・・・

と、まあ そんなようなことを言い出した。


私もこの一週間考えた。
ママ友にも相談したし、図書館に行って本も読んだし、ネットでもいろいろ調べた。

特に原因のない不登校。

結構 普通にあるようです。

繊細で真面目過ぎる子に多い傾向とありましたが、
K太にもその傾向 見受けられます。

自分でこうしなきゃとプレッシャーをかけすぎる。
優等生タイプに多いそう。

学校に行け、と言うのは最もよくないプレッシャーの与え方らしい。

学校が辛くて家にも居場所がないと感じてしまったら。
一番の味方でいて欲しい家族からも見放されたと感じてしまったら。

そんなことぐらいと私が思ったとしても
K太と私は別人格、K太の感じ方にまずは共感してやらなければ
先に進めないらしい。

なので 今夜は
学校に行けないというなら、「そうなんだー」と共感。
でも、登校班で行くように頑張るからという言葉には。「頑張ろうとしてるんだね、えらいね」
と、まあ こんな感じでここにいてもいいんだよ、お母さんになら何話してもいいんだよと
そこのところの信頼関係からやり直すことにした。

学校にそのうち みんなと一緒に登校班で行けるようになると信じて
もう少し 並んで一緒に小学校に行くことにしようと決めた。

大きくなったと思っても
まだたったの6歳。

寝顔がまだまだあどけないんだよね♪



[PR]
by mamabifrost | 2018-07-18 11:11 | 子育て | Comments(0)